なぜ?横浜の「妊婦が食べても問題ないお腹快調宣言」に最近女性が集まってきてる

妊婦さんがお腹快調宣言を食べても問題はありません

お腹快調宣言は難消化性デキストリンや乳酸菌やビフィズス菌などが含まれる

ゼリー食品なので妊婦が食べても問題はありません

女性はもとから便秘になりやすい人が多くいますが

妊娠中の妊婦は普段よりも便秘になりやすい傾向にあります

女性ホルモンの変動

女性には元々女性ホルモンの変動が多く毎月生理などがあります

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の

2種類がありますがありますがこれらのホルモンは毎月一定の期間で変動しています

特に妊娠中はプロゲステロンの分泌が多くなります

プロゲステロンは子宮内膜をふわふわにして妊娠を助ける働きがあります

黄体ホルモン(プロゲステロン)は筋肉を緩めて大腸の働きなどを弱くするので

プロゲステロンが多く分泌される時期は便秘になりやすくなります

さらに黄体ホルモン(プロゲステロン)は水分を吸収する働きがあるので

プロゲステロンが多く分泌される時期には食事の時にとる水分が

腸内で吸収されやすくいつもよりも便が固くなるので便秘になりやすい傾向にあります

特に妊娠中は子宮が大きくなるので大腸なども圧迫され血行も悪くなり

大腸の働きも悪くなるので便秘になりやすくなります

妊娠中

 

つわり

妊娠中はつわりが起こるので食欲がなくなり食事の量も少なくなり

便の量も少なくなり便も固く出にくくなります

妊娠中

 

運動不足

妊娠中は運動不足にもなりお腹も動かなくて腹筋も弱くなるので

お腹が動かないので腸の蠕動運動が悪くなり便秘になりやすくなります

妊娠中

 

ストレス

妊娠中はストレスを感じやすくホルモンバランスも崩れるので心や体が不安定になります

ストレスを受けて自律神経の働きが乱れると大腸の働きも悪くなるので便秘になりやすくなります

お腹快調宣言に含まれる難消化性デキストリンなどの食物繊維を十分取ると便秘の予防につながります

おなか快調宣言成分 寒天

寒天は海に生息している海藻の天草(テングサ)が原料になります

寒天は天草を天日干しにして熱を加えて作ります

熱を加えると溶けて冷やすと固まります

寒天の種類には角寒天、糸寒天、粉寒天の3種類があります

寒天は食べ物の中でも食物繊維を多く含み便秘の改善に役立ちます

寒天はほとんどが食物繊維で100グラムの中に80.9グラムも含みます

漢方薬でも利用されていて慢性的な便秘症の人に水に溶かすか粉末で飲ましています

寒天は食物繊維が含まれ整腸作用がありほかにもカルシウム、鉄、カリウムなどのミネラル類も含まれています

便秘の改善

寒天は食物繊維が含まれ大腸内で水分を吸うと膨れて大腸内の便を柔らかくしてくれ便秘の改善に役立ちます

寒天に含まれる食物繊維は腸内の環境を整え善玉菌を増やしてくれます

善玉菌が増える悪玉菌が減るので腸内の環境がよくなりお腹の調子を整え便秘の改善に役立ちます

コレステロール値を下げる

寒天はコレステロールの増えるのを抑制してくれます

悪玉コレステロールの増えるのを抑えて善玉コレステロールを増やしてくれます

悪玉コレステロールが減少して血管の内部がきれいになり動脈硬化を予防する効果が」考えられます

血糖値の上昇を抑える

食事の後の血糖値の上昇を抑えてくれるので肥満の予防や糖尿病の予防につながります

食物繊維を多く取ると食べたものが胃から腸に行く速度が緩やかになります

その分食べたもの糖質などの吸収が遅くなり血糖値の上昇が抑えられます

また食物繊維を多く長期間摂取しているとインスリンの働きが向上すると言われ

ブドウ糖の代謝が向上するといわれています

アガロペクチン

寒天はアガロペクチンという寒天は特有の健康成分が含まれています

抗ガン作用、美肌作用、コレステロール値低下作用などがあります

アガロペクチンにはシミやしわを減少させる働きがあり

寒天に含まれるアガロペクチンはシミやしわを小さくすることが判明しています

紫外線の影響で減るコラーゲンを減少を抑制してくれます

ビフィズス菌効果

ビフィズス菌は人間の腸内に住んでいる乳酸菌で

乳酸菌は糖を分解して50%以上の乳酸を作る菌のことをいいます

ビフィズス菌も糖から乳酸を作るのですが乳酸以上に酢酸を作るので

厳密には乳酸菌には含まれません

腸内で善玉菌として働くので乳酸菌として分類されています

ビフィズス菌はビフィドバクテリウム目ビフィドバクテリウム科ビフィドバクテリウム属に属する菌のことをいいます

人間や動物の腸内に生きているビフィズス菌は約30種類のものがいます

人間と動物では腸内に住んでいるビフィズス菌の種類が違います

人間の腸内に住んでいるビフィズス菌は動物には存在せず

動物の腸内に住んでいるビフィズス菌は人間には存在しません

人の腸内には約10種類のビフィズス菌が確認されていますが個人差があると言われています

腸内には500種類以上の100兆個もの腸内細菌が生息していて

腸内でうまく善玉菌と悪玉菌がバランスを保ち生息しています

食生活や生活習慣でこのバランスが乱れると悪玉菌が増えて腸内環境の悪化で

お腹の調子が悪くなりお腹のハリやガスが出たり気分が悪くなったり

体調が起こるなどの様々な体の不調が現れます

ビフィズス菌は善玉菌を増やして悪玉菌を減少させて腸内環境を整え

便秘や下痢の改善や大腸ガンなど原因を取り除き

免疫力を高める効果やアレルギー症状を緩和する効果や腸内環境を整える効果があります

悪玉菌が減少すると血液もきれいになり腸内もきれいになり

善玉菌が増えて便秘も解消され肌もきれいになり美肌効果が期待できます

ビフィズス菌は善玉菌で最も知られていますが腸内環境を整える力が強く

おなか快調宣言などのゼリーや乳酸菌サプリや乳酸菌飲料やヨーグルトなど様々な商品に使用されています

特定保健用食品(トクホ)にもよく利用され便秘の改善などお腹の調子を整えるのに役立ちます

便秘の原因

便秘とは3日以上排便がない1週間で排便回数が2回以下の人を一般的に便秘とされています

便秘でも症状の軽い人は食事などや生活習慣を改めることで簡単に便秘の症状も改善されます

便秘でお腹の調子が悪くて悩んでいる女性は多くいますが便秘薬を使う人も多く

一時的に症状が改善されることもありますが便秘薬で余計に症状が悪化する人もいます

便秘の原因

便秘の原因は主に3つあります

直腸に便がたまり動かなくなり溜まるタイプ

大腸の機能低下により蠕動運動が十分行われず便が大腸に長時間留まり便が固くなるタイプ

大腸の緊張により大腸がうまく働くことができず兎の糞のような便になるタイプ

食生活や運動

便秘の原因はいろいろですが食生活や運動など生活習慣で改善することができます

食事の内容を見直して蒟蒻や昆布など海藻類を食べるキノコや野菜や豆や芋類などを食べる

野菜や穀物やキノコや海藻類で水溶性食物繊維や不溶性食物繊維が摂取できて

便秘の症状の改善につながります

その他乳酸菌の摂取で善玉菌を増やして悪玉菌を減少させて腸内環境を改善する

水分の十分な補給や腸の動きを良くするビタミンEや腸の働きを調節するビタミンB1などの摂取で便秘の症状の改善につながります

運動

腹筋を鍛える

1日に数回仰向けに寝た状態で上半身を起こして腹筋を鍛えることで腸の動きを活発にして便秘を改善します

歩行

1日に30分以上歩くことで自律神経のバランスを整え腸の動きを活発にします

食物繊維効能

食物繊維は第6の栄養素と呼ばれて野菜やフルーツなどに含まれています

食物繊維の効能が知られるようになったのは英国のデニス・バーキット博士による食物繊維とがんの関係性という論文の発表によるものです

バーキット博士はアフリカに20年以上定住してアフリカ人の病気の治療をしていました

バーキット博士はある時にアフリカの農民は大腸がんなどの病気が少ないことに気づき研究をしました

バーキット博士はアフリカの農民の排便量と英国人の学生の排便量

そして食事から便となって排泄されるまでの消化に要する時間を調べました

バーキット博士の実験の結果

アフリカの農民の1日の排便量は平均470グラム消化にかかる時間は平均36時間で

英国人の学生の1日の排便量は平均104gグラム消化にかかる時間は平均73時間かかることが判明しました

食事をして消化するまでの時間は概ね同じですが

大腸にとどまる時間が違い英国人の学生はアフリカの農民の2倍になる73時間も便が大腸に留まることが発見されました

英国人とアフリカ人の違いはアフリカの農民は食物繊維を1日に60グラムから80グラムも摂取していました

バーキット博士の実験の結果によい食物繊維の摂取により便秘の改善に効果があることがわかり

食物繊維が不足すれば便秘などの原因になり大腸がんなどの原因にもなります

1日の食物繊維摂取量

食物繊維の摂取量の目安は成人男性で1日20グラム、成人女性で1日18グラムです

日本人の平均食物繊維の摂取量は1日で14.2グラムで1日の目安量には足りていません

20代はもっと低い数字で1日平均摂取量12グラムしか摂取していません

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があってそれぞれ働きが異なります

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で水に溶けるとゲル状になります

コレステロール値を下げる、血糖値の上昇を抑える、善玉菌を増やし腸内環境を整えるなどの効果があり

海藻類やキノコや野菜や芋や果物などに含まれます

不溶性食物繊維

 

不溶性食物繊維は水に溶けにくい食物繊維で水分を吸収して容量を増やして排便を促してくれます

吸収されず腸の蠕動運動を活発にして体の外に便を押し出してくれます

野菜やキノコや穀物や豆類やフルーツやコンニャクなどに含まれます