なぜ?横浜の「妊婦が食べても問題ないお腹快調宣言」に最近女性が集まってきてる

妊婦さんがお腹快調宣言を食べても問題はありません

お腹快調宣言は難消化性デキストリンや乳酸菌やビフィズス菌などが含まれる

ゼリー食品なので妊婦が食べても問題はありません

女性はもとから便秘になりやすい人が多くいますが

妊娠中の妊婦は普段よりも便秘になりやすい傾向にあります

女性ホルモンの変動

女性には元々女性ホルモンの変動が多く毎月生理などがあります

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の

2種類がありますがありますがこれらのホルモンは毎月一定の期間で変動しています

特に妊娠中はプロゲステロンの分泌が多くなります

プロゲステロンは子宮内膜をふわふわにして妊娠を助ける働きがあります

黄体ホルモン(プロゲステロン)は筋肉を緩めて大腸の働きなどを弱くするので

プロゲステロンが多く分泌される時期は便秘になりやすくなります

さらに黄体ホルモン(プロゲステロン)は水分を吸収する働きがあるので

プロゲステロンが多く分泌される時期には食事の時にとる水分が

腸内で吸収されやすくいつもよりも便が固くなるので便秘になりやすい傾向にあります

特に妊娠中は子宮が大きくなるので大腸なども圧迫され血行も悪くなり

大腸の働きも悪くなるので便秘になりやすくなります

妊娠中

 

つわり

妊娠中はつわりが起こるので食欲がなくなり食事の量も少なくなり

便の量も少なくなり便も固く出にくくなります

妊娠中

 

運動不足

妊娠中は運動不足にもなりお腹も動かなくて腹筋も弱くなるので

お腹が動かないので腸の蠕動運動が悪くなり便秘になりやすくなります

妊娠中

 

ストレス

妊娠中はストレスを感じやすくホルモンバランスも崩れるので心や体が不安定になります

ストレスを受けて自律神経の働きが乱れると大腸の働きも悪くなるので便秘になりやすくなります

お腹快調宣言に含まれる難消化性デキストリンなどの食物繊維を十分取ると便秘の予防につながります