食物繊維効能

食物繊維は第6の栄養素と呼ばれて野菜やフルーツなどに含まれています

食物繊維の効能が知られるようになったのは英国のデニス・バーキット博士による食物繊維とがんの関係性という論文の発表によるものです

バーキット博士はアフリカに20年以上定住してアフリカ人の病気の治療をしていました

バーキット博士はある時にアフリカの農民は大腸がんなどの病気が少ないことに気づき研究をしました

バーキット博士はアフリカの農民の排便量と英国人の学生の排便量

そして食事から便となって排泄されるまでの消化に要する時間を調べました

バーキット博士の実験の結果

アフリカの農民の1日の排便量は平均470グラム消化にかかる時間は平均36時間で

英国人の学生の1日の排便量は平均104gグラム消化にかかる時間は平均73時間かかることが判明しました

食事をして消化するまでの時間は概ね同じですが

大腸にとどまる時間が違い英国人の学生はアフリカの農民の2倍になる73時間も便が大腸に留まることが発見されました

英国人とアフリカ人の違いはアフリカの農民は食物繊維を1日に60グラムから80グラムも摂取していました

バーキット博士の実験の結果によい食物繊維の摂取により便秘の改善に効果があることがわかり

食物繊維が不足すれば便秘などの原因になり大腸がんなどの原因にもなります

1日の食物繊維摂取量

食物繊維の摂取量の目安は成人男性で1日20グラム、成人女性で1日18グラムです

日本人の平均食物繊維の摂取量は1日で14.2グラムで1日の目安量には足りていません

20代はもっと低い数字で1日平均摂取量12グラムしか摂取していません

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があってそれぞれ働きが異なります

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で水に溶けるとゲル状になります

コレステロール値を下げる、血糖値の上昇を抑える、善玉菌を増やし腸内環境を整えるなどの効果があり

海藻類やキノコや野菜や芋や果物などに含まれます

不溶性食物繊維

 

不溶性食物繊維は水に溶けにくい食物繊維で水分を吸収して容量を増やして排便を促してくれます

吸収されず腸の蠕動運動を活発にして体の外に便を押し出してくれます

野菜やキノコや穀物や豆類やフルーツやコンニャクなどに含まれます